fc2ブログ

記事一覧

撮影日記 紀勢本線 三野瀬

今回の年末年始休暇明けは2日働きまた三連休で、社会復帰に向けたリハビリとしては
ちょうどよい塩梅ですね。

前日は長野県の藪原まで行き、中央西線石油貨物の初撮影に興じたわたくし小鉄。
翌日曜日は晴天の予報だったため、昨日の北紀行から一転し、青い空と海を求め
JR参宮線に初乗車し鳥羽へと向かうことと致しました。
鳥羽も青空フリーパス2,570円のフリー区間内です。



2017年12月17日
7時43分発鳥羽行き快速「みえ」に乗車するため名古屋駅のホームへ上がると

例の13号車が留置されていました><
大事故に至らず本当に良かったです



定刻通り出発!


名古屋から四日市の先、河原田までは関西本線を走ります。
わたくし小鉄、関西本線も初乗車!
河原田から津までバイパスの役割を果たす伊勢鉄道(旧国鉄伊勢線)に乗り入れ時間短縮を図り、並走するライバル近鉄に対抗していますが、JR贔屓のわたくし小鉄ではありますが名古屋鳥羽間の所要時間、本数、金額、車両どれも正直近鉄に軍配ありといったところでしょうか。。。
ちなみに伊勢鉄道は青春18きっぷでは乗車不可ですが、青空フリーパスはOK!


名古屋を出発しておよそ1時間半、紀勢本線と参宮線の分岐点である多気駅に到着

かつてはここに寝台特急「紀伊」も停車したと思うと感慨深いものがあります

今回のテーマは「青い空と海と参宮線」
鳥羽に到着する頃の潮回りを調べてみるとちょうど干潮しかも大潮

これではイメージとちょっと違うため、急遽鳥羽行きを取りやめ
紀勢本線を更に南下することと致しました。


特急「ワイドビュー南紀1号」

名古屋と紀伊勝浦を約4時間で結ぶ優等列車


を見送り、次の普電で青空フリーパス適用最南端紀伊長島まで行ってみました

直進が参宮線鳥羽方面、右にカーブしているのが紀勢本線



紀勢本線とは海沿いを走っているのかと思っていましたが、一時間ほど山の中を走り、熊野古道伊勢国と紀伊国の国境にある荷坂峠を長いトンネルで抜けるとようやく熊野灘が見えてきました。
no photo


25/1000‰の坂を駆け下りると紀伊長島駅に到着致しました

青空フリーパスはこの駅まででおしまい


この先からようやく海沿いを走る区間があるとネットで調べ、せっかく来たので切符を買い足し次の三野瀬駅まで行ってみます

ここから徒歩20分ほど坂を登ると有名な撮影地があるとのこと



現着し待つこと30分



特急「ワイドビュー南紀3号」

青い空と海と列車
計画当初の予定とは被写体も構図も違いますが、結果に十分満足です!


との結果が判明したのは帰りの列車の中でした


と言うのも特急通過後、帰りの列車の出発時刻まで僅か10分
それを逃すと次の列車まで2時間待ち
撮影した画像も確認せず三脚も走りながら折り畳み、前日の石油貨物撮影で超猛ダッシュした筋肉痛に更に追い打ちをかけギリギリ駆け込み乗車致しました。



この貴重な2時間を有効活用するため多気駅まで北上した後、参宮線のロケハン決行!



だいぶ日が暮れてしまいましたが参宮線はこんなシーサイドを走っています

満潮だとこのような感じなんだと確認出来ました



参宮線の終点鳥羽駅に到着

駅から出ずに折り返し快速「みえ」で名古屋に直帰
列車はガラガラ、隣接する近鉄はバンバン発着しているしお客さんもいっぱいでした


帰りにもう一度

こうして見ると海上を走っているようでした !


当初参宮線からの紀勢線、からの参宮線
参宮線は天候と潮回りの良い時に再訪するとして、今日は一日を二倍楽しめたようで
昨日ともども充実した週末となりました。

ちなみに今回の運賃
通常6,890円
 名古屋⇒三野瀬2,780円
 三野瀬⇒鳥羽1,660円
 鳥羽⇒名古屋2,450円
のところ
今回2,970円
 青空FP2,570円
 紀伊長島⇔三野瀬400円
3,920円もお得でした!



小鉄

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shinmarukotetsu0422

Author:shinmarukotetsu0422
土地土地の美味しい酒と食を楽しみながら行くきまま旅の日記です。

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

アクセスカウンター