fc2ブログ

記事一覧

第11回 大井川合宿 寸又峡温泉と夢の吊り橋へ

2019年10月26日
千頭駅前で昼食をとった新〇鉄道部ご一行
ここからフリーパスで乗車出来るバスを利用して寸又峡温泉に向かいます


おーっとその前に
123.jpg停留所に一番乗りした呑み鉄ご一行
他のお客さんの迷惑にならないように早速こそっと一杯やっていました 笑


途中狭い山道を抜けながらバスに乗ること40分、寸又峡温泉入り口のバス停に到着
no photo


徒歩10分ほど坂を登ったところにある本日お世話になる宿にご挨拶し、荷物を預かって頂き
今回の合宿でわたくしが一番楽しみにしていた夢の吊り橋を目指します


まずは温泉街を抜けたところで環境美化募金をします
きれいに整備して頂きありがとうございます
そこから散策すること20分ほどで眼下に吊り橋が見えてきました



階段を下りて橋の袂で一枚
124.jpgとても人気の景勝地
曇り空とそもそも合宿が中止になるのではないかと疑うほどの前日の豪雨の影響で水が白濁していました

ここ大間ダム湖のチンダル現象は、水の透明度と光の波長の関係で水が落ち着いた晴れた日のみ
コバルトブルーの水面が現れます
宿のご主人にあとから聞いた話ですが、
最近SNSなどによくあがっている夢の吊り橋とあの見事な水面はなかなか現れないそう
だから何度も何度も寸又峡温泉に遊びに来てください、との事
ご商売上手いな~
でもいつか見てみたいものですね !



おーなかなかスリルありそうです
126.jpg定員10名って言ったかな
橋の袂で案内人の方が渡橋制限していました


「橋を渡る前に携帯電話はしまってくださいー」とまるで遊園地のアトラクション搭乗前のような案内が
128.jpgカメラを首から掛けているわたくしが代表して記念に一枚 !
予想以上に揺れる橋上でみなさん心なしか動きが中心寄りでコンパクトになっています 笑
K賀さんはあまりの揺れにレンズキャップすら落としそうではずせなかったとか
これだけ揺れてたら思わずケータイ落とす人絶対いるな


橋を無事渡り終えると今度は300段の急階段が待っていました
かなりシンドイ
ここは正直足腰辛い方にはちょっと厳しいと思います
どうにか登り切った新〇鉄道部ご一行、尾崎坂展望台で小休止したあと飛龍橋を経由して
ぐるっと一周90分ほどで温泉街へと戻って参りました


本日お世話になるお宿、朝日山荘さん
131.jpg吊り橋に近い温泉街の最奥にあります


夕食前に宿のすぐ隣りの町営露天風呂に行ってみます
133.jpgpH8.9の硫黄泉は美女づくりの湯の名に相応しいわたくし好みのぬるぬる感でした !


夕食は山菜とジビエ中心の料理
135.jpg鴨鍋と雑炊も美味しかったです !


宿のご主人から「町のイベント会場で寸又峡もみじ祭をやっているので」とおすすめがあったので
酔い覚ましがてら行ってみることに
136.jpgネオン看板禁止の寸又峡温泉街を和紙行燈の優しい灯りが照らします


なるほどこれか~
137.jpgちょうど和紙のあかり展の表彰式をやっていました
全国から毎年応募があるそうです
このあと手筒花火や赤石太鼓の披露がありました


今夜の一本を調達するため温泉街の酒屋さんの様子を伺います
138.jpg「とりあえず試飲してみて~」と気前の良い店主にどんどん勧められ


結局純米吟醸と原酒の2本をご購入
139.jpg多いかなと思っていましたがあっという間に空いてしまいました 笑


小鉄

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shinmarukotetsu0422

Author:shinmarukotetsu0422
土地土地の美味しい酒と食を楽しみながら行くきまま旅の日記です。

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

アクセスカウンター